オリジナルのエコバッグは自分で作るなら格安!

エコバッグ11

市販されているエコバッグのデザインが気に入らずに、自分で作りたいと考える方もいるはずです。ただ、お店に頼んで作ってもらうと、それなりの値段になるので諦めている場合もあるでしょう。もしも、格安でオリジナルのエコバッグが欲しいのなら、自作することを考えてみましょう。

こちらではパソコンを使って自作する方法を紹介するので、自分だけのデザインのエコバッグが欲しいなら参考にしてください。

紙袋がオリジナルのエコバッグに変身!紙製マイバッグ活用法

パソコンでデザインをしよう

エコバッグ24

エコバッグにこだわりのイラストやロゴを印刷したいのなら、パソコンとプリンターを用意しましょう。パソコンはイラストやロゴをデザインするために使用します。グラフィックソフトが動く程度のスペックがあればよいため、高価なものでなくても大丈夫です。

ちなみに、グラフィックソフトはインターネットに繋げられれば、無料でダウンロードが行えます。数万円もするグラフィックソフトよりも機能は劣りますが、エコバッグに印刷するイラストやロゴならば無料のものでも十分です。

なお、最初からデザインをするのが難しいなら、フリーで配布されているイラストやロゴを活用しましょう。もしかすると、配布されているものを使ったのではオリジナルにならないと感じるかもしれません。確かに、配布されているものを単体で使ってしまってはオリジナルにはならないでしょう。

しかし、いろいろなものを組合わせれば、オリジナルのデザインが立派に完成します。

拡大や縮小、回転などを活用して唯一無二のイラストやデザインを作ってしまいましょう。

プリンターを使ってアイロンプリントシートに印刷

プリンターはパソコンを使ってデザインしたものを、エコバッグに印刷するために使います。ただし、布に印刷できるプリンターを購入するのは難しいので、アイロンプリントシートに印刷できるものを用意しましょう。アイロンプリントシートというのは、シートに印刷したイラストやロゴをアイロンを使って布に転写できる優れものです。

いろいろなメーカーから売られているので、口コミをチェックして評判のよいものを買いましょう。1000円以内で売られている製品が多いので手軽に購入できるはずです。ちなみに、現在売られているプリンターのほとんどは、アイロンプリントシートも使用できるようになっています。

ただ、プリンターは値段によって印刷のクオリティが異なります。したがって、イラストやロゴをよりキレイに印刷したいと望むのなら、それなりに高いものを用意したほうが満足できるでしょう。

印刷のクオリティが低いものを使ってしまうと、手作り感満載のエコバッグが出来上がってしまいます。

エコバッグを用意しよう

デザインをしてアイロンプリントシートに印刷したのなら、あとは無地のエコバッグを用意しましょう。さまざまなカラーのエコバッグが売られているため、自身が作ったデザインを活かせるものを購入することをおすすめします。

パソコンならばグラフィックソフト上で、作ったデザインの背景をさまざまなカラーに変えられるため、納得できるまでいろいろなパターンを試して、どれがベストなのかチェックしましょう。なお、気に入ったカラーの無地のエコバッグが近所で売られていないのなら、インターネット通販が便利です。

数多くのカラーの製品が販売されているので、購入して自宅に届けてもらいましょう。ただし、通販サイトの写真と実物とでは微妙に色合いが異なるため、モニターで見たものと少し違うカラーのものが送られてくる可能性もあります。

エコバッグを縫うことも考える

既製品のエコバッグのデザインが気に入らないなら、自分で縫うことも考えましょう。縫うために必要な型紙がインターネット上にたくさん公開されているため、それを改変すれば気に入ったデザインのエコバッグを作れるはずです。

ミシンがあれば手早く縫えますが、なければ手縫いでの作成も可能です。もちろん、時間はかかりますが丁寧に縫えば、既製品に見劣りしない完璧なエコバッグが出来上がるでしょう。なお、エコバッグに使う生地や道具は、ハンドメイドショップで購入できます。

生地には数多くの種類があるため、どれがエコバッグに最適なのか分からないのなら、スタッフに聞くことをおすすめします。丁寧に教えてくれるため、オリジナルのエコバッグに相応しい生地を手に入れられるでしょう。そして、生地が決まったのなら次は道具の購入です。

生地によって使う糸や針は異なるため(ミシンでも手縫いでも)、分からない場合はスタッフに聞いたほうが安心できます。

失敗したときを考えて備えを用意しておく

初めてエコバッグを自作するのなら、失敗してしまうケースも考えておかなければいけません。

そのため、失敗してしまったときに備えて、スペアとなるアイロンプリントシートやエコバッグを用意しておくことをおすすめします。エコバッグは購入するのなら2個買って、手作りをするのなら2個分の生地を購入するのがよいです。

アイロンプリントシートのほうは、複数枚がセットとして売られている場合が多いですが、念のため枚数をチェックしてから購入しましょう。もしも、1回目で完璧なオリジナルのエコバッグができたのなら、余ったものでもう1個作ってみることをおすすめします。

買い物の量によってはエコバッグが1個だけでは足りない場合もあるでしょうから、作ることが無駄な努力とはならないはずです。2個目ならば技術力が上達していて、コツも分かっているはずなので、より完璧なオリジナルのエコバッグに仕上げられるでしょう。

実際に使ってみよう

エコバッグ14

オリジナルのエコバッグが出来上がったのなら、そこで完成したと思うかもしれません。しかし、実際に使ってみて不具合がでるかもしれないので気をつけましょう。例えば転写が上手に行えておらず、少し使っただけで剥がれてしまうケースもあります。

そして、手作りでエコバッグを作ったのなら、荷物の重さに耐えきれずに底や持ち手が破れてしまう場合もあるでしょう。したがって買い物に数回使ってみて、まったく問題がないことを確かめてこそ、オリジナルのエコバッグの完成だといえます。

道具を持っていれば格安で自作できる

すでにパソコンやプリンターといったエコバッグの自作に必要な道具を持っているのなら、格安でオリジナルのものを作れます。アイロンプリントシートも転写するエコバッグも、インターネット上で価格を調べられるので、本当に安く作れるのか知りたいならチェックをおすすめします。

もしも、道具を持っていないのならば、揃える費用だけでエコバッグをたくさん買えてしまうので、作成業者を利用することも考えましょう。